歯周病と食生活

スポンサード リンク

食生活歯周病に影響を与えます。
柔らかいものや甘い食べ物ばかりだと虫歯になりやすいのと同様に歯周病にもつながります。歯周病の予防に良い食べ物としては食物繊維を豊富に含んだ物を食べたり、カルシウムのとれるものを食べると良いでしょう。
具体的には緑黄色野菜や乳製品、豆類などを食べることが良いでしょう。
また、虫歯にも影響を与えるように、アゴをしっかり使って食べなければいけないような、硬い食べ物も食べてよく噛んで、唾液も出すようにしましょう。
食生活からも見直して歯周病の予防をしていきましょう。
歯周病になると後がとても大変です。
現代の食生活は柔らかいものが多くなったので、唾液を出す機会がめっきり減ってしまいました。
固いものやガムなどを噛むことによっても唾液の分泌を盛んにしますので、歯周病にならないように普段から気をつけましょう。