歯周病の原因(タバコ)

スポンサード リンク

歯周病原因としてタバコがあげられます。
喫煙をすると歯肉の血行が悪くなるので歯肉の抵抗力が弱まり、歯周病菌におかされやすくなります。
タバコはヤニの影響で歯が黄ばむばかりでなく、歯周病原因ともなることから、健康な白い歯を手に入れようと思えば「百害あって一利なし」です。
歯周病は口の中だけでなく、様々な病気を引き起こす可能性がある怖い病気です。タバコを吸っている方は要注意です。
タバコは百害あって一利なしです。
タバコを吸っているだけで、健康に良いことはひとつもありません。それどころか大事な歯を黄ばませるだけではなく、歯周病の原因にもなるのですから、タバコは是非やめてください。
ホワイトニングをするくらいなら始めからタバコを吸わないことです。