歯周病とは

スポンサード リンク

歯周病とは歯と歯肉の間にある隙間に細菌が入り、歯石や歯垢がたまり炎症を起こる病気です。
最近は若い人にも歯周病が増えています。
主に若い人が歯周病になる原因は食べ物を良く噛まないことによって起こると言われています。
また、歯周病は口の中の病気だけと侮っていると大変なことになります。
歯周病菌は糖尿病や心臓病、脳卒中など、色々な病気を引き起こす原因になりますので、十分注意が必要です。
やはり、クリーニングなどと一緒で半年に1回は歯科医院で検診を受けることが望ましいでしょう。
歯周病は恐ろしい病気を引き起こしかねないので、歯を定期的に検診し、そしてクリーニングなどをして綺麗に保っておくのが望ましいです。