虫歯と食事の関係

スポンサード リンク

虫歯原因は虫歯菌がつくる酸の影響ですが、食生活でも影響が変わります。
砂糖が入っている甘いものなどは、明らかに虫歯につながるのは分かりますが、あまり意識されていない部分で、砂糖などを食べていなくても、ごはんなどの炭水化物でも唾液により分解されて酸に変わります。
しかし、唾液には酸による酸性を中性に戻す力が働いていますので、すぐに虫歯になるということはありません。
ただ、間食を多くして、口の中に食べ物がある状況が長くなると口の中が中性になる時間がなく酸性に偏ることから虫歯へと発展します。
ですから間食が多いということも虫歯原因となるのです。
バランスの良い食事と共に規則正しい食事などをすることによって健康な歯を作り虫歯にならないように注意をしましょう。