虫歯の原因

スポンサード リンク

もともと虫歯には、なりやすい人となりにくい人がいます。
そして虫歯の原因に最大の影響を与えているのミュータンス菌という菌です。
そしてミュータンス菌が口の中で砂糖などを取り込み歯の表面に付着します。そして、色々な虫歯菌がこの中で増殖し歯垢になっていきます。
この歯垢がついただけでは虫歯にはなりませんが、砂糖などを取り込むことにより虫歯菌が酸をつくります。この酸が葉の表面を覆っているエナメル質を溶かし、虫歯になったり、あげくにエナメル質の下の象牙質をも溶かし始めて、虫歯の進行につながります。
ですからいかにこのミュータンス菌を少なくするかが虫歯になりにくい歯をつくる要因となります。
このミュータンス菌は赤ちゃんの頃に、主に育てている親の口から感染することが多いので、子育て時には十分、注意が必要です。