ホワイトニングあれこれ

スポンサード リンク

ホワイトニングは虫歯や歯周病があってはホワイトニングが出来ません。
それは虫歯や歯周病があるとホワイトニング剤が歯にしみることがあるからです。また、歯のエナメル質に亀裂が入っていたり、象牙質がむき出しになっている場合などは、歯の表面に薬が染みて知覚過敏になることがあります。
他には妊娠中の人はホワイトニングを行うことは出来ません。
またホワイトニングを一部の歯にした場合、その歯だけが白く、他の歯とくっきり色の差が出てしまう場合があったり、またはホワイトニングの効果が出なかった場合などは、ラミネートベニアという歯の表面にかぶせるものがあります。
ラミネートベニアは言わば爪で言えば「つけ爪」のようなものです。
しかし一回貼り付けると外せないので注意が必要です。
ホワイトニングで効果が出ない人にはラミネートベニアを考えてみてもよいかと思います。
しかし、保険が使えないので1本の歯につき約10万円程かかります。