歯が黄色くなる原因

スポンサード リンク

に色がつくのには2つの原因があります。
ひとつ目の原因は年齢を重ねることにより自然に黄色くなっていくものです。
これは歯の構造でも分かるとおり、表面のエナメル質が加齢とともに少しずつ薄くなっていき、その内側の黄色い象牙質の色が濃くなっていくことに原因があります。

ふたつ目の原因は食べ物や飲み物など外部からの着色による黄ばみです。
コーヒーやお茶などの飲み物も色がつきやすいですし、食べ物の着色成分も歯を黄色くします。
これらの食べ物や飲み物の成分は始めはの表面に汚れとしてつきますが、そのまま歯磨きなどをせずに時間が経ってしまうと、エナメル質に染み込んでしまいます。

また喫煙もヤニの影響でが変色しやすくなります。